勤務態度だけではわからない?企業スパイを調査するのも探偵の仕事!

企業スパイがPCから社内情報を盗むシーン
皆さんは企業スパイに会ったことはありますか?企業スパイはわかりやすいこともありますがわかりにくいことも多いです。そんなときは探偵に調査のご依頼していただければいいのですが何をもって調査し始めればいいのかわからないと思います。なので今回は企業スパイの可能性がある行動とそんな場合の探りの入れ方についてお教えしたいと思います。

① 企業にいる間は普通の社員

基本的に出来る企業スパイはその会社の一社員として溶け込んでいることが多いです。普通に仕事をして普通に生活しているため、わからないことが多いです。そんな場合は仕事終わりに突然何かに誘って見てください。ここで変な理由で断ったり、たどたどしい場合は企業スパイの可能性があります。その場合、仕事終わりに何かスパイとしての行動をしていることが多いです。

② やたら残業する、遅くまで帰らない

これは普通の社員であるという可能性もありますが企業スパイである可能性も秘めています。残業というのは悪いものではありませんが、怪しい行動です。何故なら時間が遅くなればなるほどその場に人は減ります。人の目が少なくなるということは見られてはいけない行動をしやすくなるということです。その行動が企業スパイとしての行動という可能性も十分に考えられます。

③ トイレや喫煙に立つ回数が多い

これは注意していないとわからないことですが合間合間に情報を流している可能性もあります。何かを頼もうと思ったらいないことが多く、やたらどこかへ行くというのは危険です。またトイレで大の方ばかりに入るのも要注意です。トイレの大というのはひとりの空間で実質的に密室のようなものです。こんな行動が目立ってきたら疑った方がいいかもしれません。

○まとめ

① 企業にいる間は普通の社員

② やたら残業する、遅くまで帰らない

③ トイレや喫煙に立つ回数が多い

今回、怪しい行動を3つ紹介しましたがいかがでしょうか。探偵というのは調査することが仕事です。少しでも怪しいなと思ったら大切な企業の財産を盗まれる前に探偵に調査依頼することをオススメします。その調査内容や気になる費用についてはこちらのサイトを参考にしてください。
素行調査の費用と内容
お役立ちサイト。

この投稿は2016年8月6日に公開されました。

中途採用した社員が経歴を詐称?こんな時はプロの素行調査依頼を!

中途採用で1年ぐらい働いている社員の学歴が違うのではないかと疑念を持つようになったことはありませんか?○○学校を卒業と履歴書にはあったけど、実は卒業していなかったり・・・途中で退学していたのを卒業そ履歴書に書いたり、そもそもその学校を受験もしていないケースも・・・

卒業証書のコピーを履歴書に添付させるなんてことまで採用試験の時にするべきなのでしょうか?そしてその卒業証書が本物かを学校に一つずつ問い合わせるべきなのでしょうか?

本当にその学校を卒業しているかを確認することはめったにないですね。どうやって調べればいいのかもわかりません・・・役所に問い合わせをするわけにもいきません。案外、調べ方もわかりにくかったりします。

本当にその学校を卒業していないと困る場合はわりとあります。卒業と同時に免許状を取得、資格を得るとかの場合です。もし学歴詐称ならその資格もないことになってしまいます。そうすると無資格の人間に仕事をさせていたことになって責任問題になります。

かと言って採用面接のたびにその学校に問い合わせて本当に卒業したのかを調べるのは面倒です。経費の無駄になります。だいたいの人は履歴書に学歴を正しく書くからです。学歴詐称をしている人はほんの1%に過ぎません。

こんなときはプロに素行調査を依頼するのが一番よい選択です。学歴詐称の疑いのある社員の分だけを頼めばいいです。そうすると時間も経費も節約になります。

この投稿は2016年8月6日に公開されました。

中途入社の社員の学歴詐称はあたりまえ、素行調査しないほうが悪い

会社を経営するうえで新入社員や中途採用という存在は欠かせないものですが、しかし新入社員や中途採用にまつわるトラブルというのは結構存在するものです。比較的に多いトラブルとしては中途採用者の経歴的なものがあり、こちらに詐称がある場合には程度によって様々なダメージが会社に起こりうることもあります。

そういった訳で中途採用者の素行調査というものを行っているのが探偵事務所や興信所になります。当然プロが行っている仕事なので本人にバレずに行うことが出来るのがメリットとなりますが、かなりのプライバシーにかかわる事項なので、決定的な詐称の兆しや情報などをある程度掴んでいる状態ならば、それを確かめるためにこういった専門家やプロの素行調査を依頼するのが良いでしょう。当然ですがこれらの探偵事務所や興信所も個人情報保護法があることを存在していますし、抵触しないようにしっかりとやってくれるのでそこは安心して任せることが出来るでしょう

。主に調べるべき項目としては一番には犯罪歴があり、その次には将来における経理的な不正や横領の可能性として借金などの金銭トラブルなどがあるでしょう。また今日で需要が高くなってくる項目としては企業スパイなどの存在でありこちらも状況によっては中途採用者に関しては注意しておくと今後いいかもしれません。このように中途採用者の素行調査はあくまである程度疑問点が明確になりそうな場合には専門家に相談して行ってもらうのが良いでしょう。

この投稿は2016年8月6日に公開されました。

素行がおかしいキャリア採用の職歴調査依頼について

企業が素行調査を依頼するのあれば、探偵に依頼するのが一番適格です。素行がおかしいキャリア採用の職歴調査依頼も受け付けてもらえます。それにより、経歴詐称があることがわかれば、キャリア採用の職員を解雇する自由にもなるでしょう。また、問題がないとなれば、その社員に指導をしていくことで、勤務態度が改善されることもあります。つまり、調査をすることで今後の対応が明確になるため、探偵を利用することには十分な価値があります。
探偵と言っても、いろいろな会社があります。中には調査能力が不十分なところや、違法な調査を行う良くないところもあります。そういったところに依頼したとしても、依頼した側がすぐさま何らかの法的手段を取られるということは考えにくいですが、無用なトラブルを避けるためには、実績があり、安心できるところを活用するのが一番です。
そのような、素行調査をしっかりとしてくれる探偵を探すのであれば、口コミを利用すると良いでしょう。口コミは実際に利用したことのある人の評価がわかるため、事前に良くないところを避けることが可能となります。もちろん、匿名情報であるため、それが100パーセント正しいとは限りません。しかし、全く手掛かりがないよりはましですので、それを基に、特定の探偵の実績を調査して、過去に問題がないところを選ぶようにすれば、目的を達成することができるでしょう。
以上の方法で、最適な探偵を見つけるようにしましょう。

この投稿は2016年8月6日に公開されました。

新しい人材を採用するかどうかを判断する素行調査を探偵に依頼

経営者として新しい人材を必要としており、信頼できる人を入社させたいということであれば、誰でもいいというわけではありません。特に会社として独自のスキルを持っていてそれが流出してしまうことを懸念したり、会社間の重要な取り引きを任せるようになる場合には本当に信頼できる人、そして内密をしっかりと保てる人でないと採用するわけにはいかないのです。それで経営者としては面接である程度好印象を持ち、気に入るかもしれませんが、その面接だけではわからないことが多々ある場合に、当人には内緒でその人のプライベートその他のことを調べるための素行調査をしたいと思うに違いありません。問題を起こして会社としてのダメージを受けないために、事前にそうしたチェックをすることは確かに必要なのです。

その素行調査を実施するために利用できるのが探偵事務所であり、探偵に素行調査を依頼することができます。どのくらいの期間でどんなことを知りたいのか、徹底マークをしてもらうことで、その人に怪しい行動がないのか、人格面での問題がないかどうか、いろいろなことを調査してもらい報告を待つことができます。その探偵での調査によって特に問題がないということになれば、安心して採用することができますし、逆に不安な点が見つかるのであれば、採用を見送るということもあるでしょう。会社の経営に大きな影響を与えるかもしれない人材の採用ですので、できるだけ慎重に進めるためにこのような素行調査を実施することは賢いことなのです。

この投稿は2016年8月6日に公開されました。